会社概要と沿革

会社概要

環 境へ…

我々の営みは豊かな自然環境なくしては有り得ません。自然を愛し、守り続ける存在でありたいと考えております。

社 会へ…

社会は価値を生まない企業を存続させません。様々な価値を生み出し、社会に寄与する存在でありたいと考えております。

お客様へ…

お客様と共に成長していくために、より価値ある商品を開発し、これを適時に不足なくお届けします。また品質水準の向上に努め、より確かな商品をお届けします。

社 員へ…

人は自分を取り巻く環境に報いるために働いています。より多くの「報い」を生み出すため、「成長できる職場」をつくり続けます。

一枚一枚心を込めて

お客様にとって、かけがえのない一枚を確実にお届けする。それが、私たちトータスに課せられた大きな使命です。“必要な生地”を“必要なとき”に“必要なだけ”届けてほしい。そんなお客様の期待を欠品や出荷間違えで裏切りたくない、そんな思いから在庫をオンタイムで把握し、補充のタイミングを逃さぬよう徹底した在庫管理を行っております。また、商品は届いたが傷が入っていて使えないなど、お客様の作業工程を止めてしまわないよう徹底した検品作業を行っております。

2000以上にも及ぶアイテムを保管するトータス本社は、“館内禁煙”、“土足厳禁”で、倉庫内のすべての照明は生地を傷めないよう紫外線防止膜付の特殊な蛍光灯を使用しております。 スタッフは荷受けの後や、出荷作業開始の前には必ず手を洗い、生地に手あかなどの汚れがつかないよう心がけております。細かいようですが、お客様にきれいな生地をお届けするためには絶対に必要で大切な工程です。

株式会社トータスは、お客様並びに仕入れ先様の多大なるご支援に支えられ、創立20周年を迎えることができました。私たちはこれを新たなスタートと考え、これまで以上に高い検品精度や、これまで以上に愛される商品の開発につとめてまいります。また、今までになかった新しいサービスをお客様の立場になって考え、順次実施していきたいと存じます。

近年、トータスは環境問題を事業の最も優先すべき課題とし、様々な取り組みを行っています。

まずは環境省が推し進めている「チーム マイナス6%」に参同し各事業所のエアコンの設定温度を一定温度内に抑えたり、倉庫内の照明をこまめに消すなどスタッフが高い意識でルールを守っています。又、「日本自然エネルギー」 が提供している 「グリーン電力証書システム」を利用し、全事業所で使用している年8万Kwのうちの約10%に相当する8000Kwをグリーン電力(バイオマス発電)でまかなっております。更に事業所内で発生するゴミはシュレッター処理をし商品を発送する際にパッキンに再利用するなどゴミを極力出さないよう工夫しています。

更に我々は年間3t以上を廃棄していたスポンジシートを、この度スポンジメーカーと共同で開発した「リサイクルスポンジ」の原料として再利用しています。これは恐らく全世界で始めての試みであり、運用が軌道に乗れば他メーカーや海外メーカーにも波及していくものと信じております。又、スポンジと並んでウェットスーツの素材を構成しているジャージもトータスは再生原料を使った「リサイクル ジャージ」を積極的に採用し、今後取り扱い商品を増やしていく計画です。

地球温暖化が進み水位が上昇することで砂浜は侵食され、サーファーはゲレンデを奪われていきます。又、水温が上がればサンゴが死滅しダイバーから愛してやまない美しい海中の自然が失われていきます。この「海洋環境」に密接に関わる事業者の一員として我々はこの問題に真に社運をかけて取り組みます。我々だけやっても成果は微々たるものでしょう。 しかし、我々の取り組みが一人でも多くの人々に影響を与えることが出来れば、「温暖化が進む時計を1秒でも前に戻せるかもしれない」それが我々トータスの願いであり使命だと思っております。